高血圧と危険因子の関係
高血圧イメージ

高血圧と危険因子の関係

サイレントキラーという言葉をご存知でしょうか。
静かなる殺し屋という意味の言葉ですが、高血圧も糖尿病もサイレントキラーです。
血圧が高くても自覚症状がないという人は多く、健康診断で血圧が高いといわれても今のところ何も自覚症状がないから大丈夫だろうと考え放置すると最終的に大きな病に侵されてしまう事が多いのです。
高血圧はサイレントキラー、だから血圧が高いという事が分ったら、放置せず治療するという事を考えてください。

では高血圧になる要因、生活の中の危険因子を考えてみましょう。
血圧が高い状態が維持してしまう危険因子、リスクファクターは様々です。
生活習慣、趣向品の中から考えてみると、煙草、アルコール、塩分の取りすぎ、運動不足などがあります。
このほか、病気や自分の体という面から見てみると、肥満、脂質異常、コレステロール過多などがあげられます。

アルコールを飲むと塩分が強く味の濃いつまみが欲しくなります。
運動をしないと汗が出ることがありませんし、代謝が下がります。
肥満になる原因を考えてみると過食ですが、スナック菓子やファストフードなど塩分の高い食品を多く食べている傾向があります。
血液中に脂質が多くなれば血液の流れが悪くなり、血管にも心臓にも負担がかかります。

二次性高血圧の場合、病気が原因となることが多いのですが、本能性の場合、生活習慣、食生活が多いにかかわるのだという事をよく理解しておくべきです。
高血圧の怖さは、生活の中に危険因子、リスクファクターが多いという点にあるのです。

危険因子を意識せず、血圧が高い状態を維持していれば、脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、心不全、心肥大、慢性的な腎臓障害、腎不全などの合併症につながっていきます。
合併症になると、体に障害が残ってしまったり、長く通院が必要になる、障害薬を飲むことになるなど、良いことは何もありません。
合併症のリスクを減らすためにも、普段の生活の中から危険因子を出来る限り除く努力をしていきましょう。